一生ものかもしれない結婚指輪!選ぶのは慎重に!

サイズが合わないと全てがパーに

指輪にはサイズがあります。このサイズと言うのが厄介で、ちょっと緩いとすぐに抜け落ちるし、ちょっときついと指に入らない。サイズ選びは面倒そうに見えますが、簡単に判る方法があります!紐とマジックを用意し、薬指の第2関節の辺りに紐を巻きます。紐同士が交わる場所にマジックで印を入れ、紐を解いた後で印の間を測れば、指輪のサイズが判ります。ほかにも、ホームセンターや宝石店等でリングゲージと呼ばれるアイテムもありますが、外国製はアバウトな作りが多いので、国産品がお勧めです。

指輪は今でも給料の3ヵ月分?

昔から、結婚指輪や婚約指輪と言えば、給料の3ヵ月分、といわれています。現在、婚約指輪の平均相場は30万前後と言われていて、給料の1ヶ月分から1ヵ月半のようです。では結婚指輪はどうでしょうか?ペアリングである事、婚約指輪と違って普段から指に嵌めている方も多く、シンプルなデザインが好まれる事からも、少し相場が下がって、ペアで10万から30万と、こちらも給料3ヵ月分までには到達していないようです。勿論、相場はあくまで目安なので、値段に振り回されないよう心がけたいですね!

じっくり相談してじっくり悩みましょう

絶対ではありませんが、結婚とは一生に1度、と言うのが大半の認識です。そうなると、結婚指輪も一生もの。ずっと指にあるから、パートナーよりも長い時間を共にします。自分の1部となる結婚指輪ですから、この位で良いだろう、とか、これで良い、などと妥協したりせず、色々な宝石店を巡って吟味し、相談して、デザインや宝石の有無、価格などをじっくり相談して悩みましょう。これらの行動は、指輪選びだけでなく、互いの価値観を知る機会にもなりますよ。

結婚指輪のオリジナル作成をすることができる店があります。デザインから決めることができるので、世界に一つだけの指輪ができます。